PANDA LEE POWELL

○パンダ リー パウエル
パンダ外交員でロックドラマー
中国出身
ブルース リーに憧れてヌンチャクを回すも、
太り過ぎでうまく回せず、コージーパウエル好きなので
スティックに持ち替えドラマーになる。
細かいことを気にせずおおらか。
好きなもの、肉まんと餃子、チョッキ。

好きを忘れたオオカミ

〜運命はある日突然やってくる〜


オレはルポ メランコリコ。
今日も頭痛がひどい。
まったく、神様はこの世に天国と地獄を作りやがった、
地獄なんていらねぇのにさ、、。


何のために生きてんだか、、
心も体ももう、ボロボロだ。

昨日な、天使が野球やってるのを見たんだ、
奴は相変わらずキラキラでよ、
オレはうつ病も忘れて見入っちまって、
魂をわしずかみされたっていうか、
熱いものが破裂してな、、
その勢いで地獄沼から抜け出してたんだ、、、。

とりあえずカバンに荷物詰めこんで、
ベースを掴んで旅に出たのさ。
こいつだけはいつも一緒だ。
通学路にあった楽器屋の隅で
売れずにほったらかしでさ、
だけどオレはこのピンクが気に入ったんだ。
結局、バンドも出来なかったけどな。

はぁ、、、しかし、あてなんかねぇし、
生活もあるし、、
心の傷はしんどいし、、、

神様、なんでだよ?
この世は理不尽だらけで不公平じゃねぇか、、。


あの日な、天使がいた球場の前で、
バイク事故があって、、
街で人気のバンドマンさ、、
1秒ずれてたら奴は死ななかった、、
「世界を変えてやる!」って、
可愛い顔してビックマウスで、
奴の情熱は天使みたいにキラキラしてた、、。
アイツの歌はサイコーだったんだ、、
なのに、神様、、
オレみたいな無能は生かしといて、
なんでだよ、、、

この世はマジ、残酷だ、、
それとも、神様よ、、
アナタは運命に関わってないのかい?

ん?なんか、看板があるぞ、
NicoyanLand?遊園地か?
おいおいおい、猫がギター弾いてるぞ、、うるせぇな、しかも派手に首ふってやがる。

「♪じゃーん、じゃーん、
じゃーじゃじゃじゃんじゃん〜〜♪」


音デカ!うるせぇ奴だな、オレはほんとツイてねぇよ、、。
うわぁ!ずいぶんとヘンテコな顔毛だな、
笑っちまうな!


「オイ、変な猫、オレはルー、オマエは?」
「あたしはにこやん♪ロックギタリストに拾われたラッキーなさび猫よ♪
そんで、あたしもギター好きになったのー♪
まぁ、野良猫のままでもワイルドに生きてたけどね♪
ルーはどこから来たの?」


「カナダから着いたばかりさ。しかしオマエの前向き、ウザいなぁ、
オレはな、オマエみたいなラッキーなんてひとつもなかったよ」


「ふーん、どうして?そうやって生きてるじゃん、生きてるだけでもラッキーなんじゃないの?」

「オマエ、お花畑で育ったのか?
オレの両親は毒親、箸を落としただけで殴られた。
箸を落としただけだぞ!
早々にハクセイになっちまったけどな。


周りはオレを馬鹿にし利用する、
意地は悪いわ嘘つきで自分勝手、
オレは才能もねぇしカス扱いさ、
悔しいけど我慢するしかなかった。
やりかえすと倍返しが目に見えてるからな、、
オレはほんと、ボロカスだ」

「そうかぁ、、お箸が転がっても笑う家族だったらよかったのに、
それは運も悪かったかもね、
親ガチャね、、
雨が涙に見えるわ。。」

「ヤーヤー、君たち、何してんの?バンド?」


「ロック パピオ?!
白黒ギターかっこいい~~!!」


「ヒヒは楽器を創った神ダッシー!月から円盤に乗って来タッシ。
ビデオ見ながら宇宙の旅〜
飲み過ぎタッシーウィ〜シュ〜ヒヒ〜♪」


「なんだ、今度はヒヒかよ、コイツもロックか?
しかし、よっぱらっいのくせにめちゃいい音じゃねーか!」
「神ダシ当然ダッシーウヒヒヒヒーー


「そのギター、なんかパンダみたーーい♪」
「オレのオリジナルダッシー♪ヒッヒーー!」


コイツら、、ロックってだけで繋がるんだな、、
そんなもんか?
しかし、自由に生きてるなぁ、、
運がいいのか???


そういえば、、、
オレの好きってなんだ、、?
好きなことって、、なんだろ、、、。


キラ、、
その時、何かを思い出すように
小さな星が光った。
そうだ、、昔、偶然、聞こえて来た爆音、
常識をぶっこわすようなバンドの音さ、、
魂がつかまれて、思わず立ち尽くしたよ、、
あんな音は初めてだった、、
そうだ、、あの音、、

オレは我慢していたものを吐き出すように吠えた。
「BURRN!!!!」


好きを思い出したオレの叫びは
雨雲を突き抜け
雨を光のシャワーにしたんだ。
「ねぇねぇ、みんな見てー、きれいな虹だよ〜!」


「虹かぁ、、」
そういえば地獄にも虹は出ていたよなぁ。。
だけどオレは絶望しか見てねぇし、
無気力で死んだようになってて、、
虹を感じるなんて余裕はなかったんだ。

「わぉ!あれ、なに?とんがり帽の黒い影っ!」
「黒い羊か?なんだか
昔のロック雑誌から出てきたような衣装だな」

「ヘイ、ユーたち、オレ様はブラックシープムーン、
魔法使いのギタリストさ。
さっき、ステージをぶっこわしてきたばかりだ」


「ぶっ壊しギタリストー?♪♪」
「ぶっ壊しギタリストじゃない、魔法使いって言っただろ!
よし、このストラトから火を噴かせてやろう!」
「オイオイオイ、またロックかと思いきや、今度はマジックショーかよ?」


「BURR~~~~N!!!」
「ワォーー!ほんとに火、吹いたーー!すげーーマジシャーン!!」


「だからぁー、マジックではナーーイ、これは魔法ナノダー!」


「わかった、わかったよ、魔法な、すげーな、楽しいよ!」

マジシャンでも魔法使いでもいいよ、
オレはもう騙されねぇし誰も信じてねぇし。


「どんどこ、どどんど、どんどどーん!
オイラのドラムはサイコーだよ〜ん」


「今度はチョッキ着たパンダか、オマエも芸人か?」
「オイラはパンダ リー パウエル、
ヌンチャクは下手だけどドラムは向いてたよ〜ん♪
コージーみたいに、やーっ!」
「おぉっ!君の一発はガツンとハートに響くぜ!」

ハートに響く、、?
そうだな、、ワクワクするよ、、
魂が喜んだ合図だ、、
パンダ、やるじゃねぇか。
しかし、コイツらみんな愉快だなぁ。


オレは「この世は地獄だ」って、毎日ぼやいてた。
そしたらある日、
心ん中に地獄沼が現れて、ぼやくたびに大きくなる。
そうさ、神様はその通りにしてくれたのさ。
オレは言葉の神、、それも自分の言葉で作った地獄沼に飲み込まれて
死んだようになってた、、。

かっき〜〜ん〜ポコッ!
「イテェ〜ななな、ナンダーー!?
すげぇボール飛んでキタッヒーー!!
イデデデーーーー!!!」


「OH!!ごめんなさいっ!
ボクのホームランボールが当たっちゃたんだね!大丈夫??」
「わぉ!天使じゃねーか!」
「ボクは野球マンの天使、エンジェル サンです」


「君に会えて嬉しいダッシー!!君はオーラがちがうッシー!」
「あなたのまわりって空気がキラキラになるのよね♪」


「ボクがしあわせなら、ボクのまわりもしあわせになる、
それがボクのお役目なんだ」

まぁ、球場の前のバイク事故は天使のせいじゃねぇしな、、
しあわせにしてるだけで誰かが喜ぶかぁ、、。
猫があくびしてるだけでしあわせって奴もいるからな、、、
「なぁ、天使よ、うらやましいとか、悔しいとか、
妬む奴もいるだろ?」

「あぁ、それはやる気スイッチをプレゼントしたんだよ♪
使い方を間違ったらイジメスイッチになっちゃうけどね」

「なるほどね、それはみんなに知らせた方がいいぞ」
「自分で気づくのが一番さ♪」


「それにしてもヒドいタンコブ、今日は二人にとって運が悪かったわね、、」
「運命は予測不能ダッシー、、」

そうか、

タンコブのヒヒが天使を恨むか許すか、
決めるのはヒヒだ。
答えによっては次の運命も変わるよなぁ、、、
さて、ヒヒよ、オマエはどうするんだ?

「タンコブ痛いが天使に会えてラッキーだッシー!ウッヒー!」
「怒鳴られて当然なのに、、ボクをゆるしてくれてありがとう!」
「早くパピオさんを病院へ連れて行かなきゃ!」

おお、いい流れじゃねぇか!

「よし、今、魔法のジュータン呼ぶぜ!」

「いやいや、それ、マジシャンには無理だろ、、」

「木にひっかかるなよ、、」

え、、ジュータンが木にひっかかる、、、??



「わおぉーーっ!魔法、ホンモノダーーッ!


まさか、奴は本物の魔法使いだった、、
「黒い羊よ、疑ってごめんな。。
オレはさ、嘘つきにさんざんやられてきたんだ、
おかげですっかり疑り深くなっちまった、、」

「そりゃそうだ、当然だ、オレは怪しさ満点だしな、
よし!ジュータンはまだまだイケそうだ」

「ありがとう、シープムーン♪」

ありがとうかぁ、、オレはそんな言葉すら忘れていたよ、、

「ありがとうよ、魔法のジュータン、よろしくな!」

「病院到着〜♪」

「おやおや、危なっかしいジュータンに沢山乗ってきましたとね〜
フクロウ病院には薬草がいろいろあるとね、ご安心を!」

「ウッヒー!先生優しいっシー!細胞が元気になるっシー!」


「心がある言葉はちゃんと伝わるんです」

「見えないからってなめてたらバレてるもんよね」

「しかしですね、悪魔はそのへんの演技がうまいとです。
神様は心の中に天使と悪魔と魂を放り込んでますと、
例えば、ワタシが悪魔に魂を売ったら、
雑草を薬草だと嘘つけますとね」

「天使だの悪魔だの
魂とか心とか、
神様は言葉にもいるしな、
まったく、この世はやっかいなしくみだよ」


「アンタら、フクロウ先生に出会えてラッキーや、わてはカメレオンターボ、こう見えてもデザイナーや」


さっきから病院のベンチにいたおっさんだ、
すげぇチンピラ歩き、このおっさんがデザイナー?

「わては繋がりのデザイナーや、アンタらロックつながりか?」

「えーー、なんでわかるの?♪」

「ロックの奴は見りゃわかるで、好きなことやるぞエネルギーハンパないねん、わかりやすいで」


そりゃそうだ。
にこやんもヒヒも魔法使いもパンダも
ロックが好きで、いきなりハッピー全開だもんな。

しかし、これも運命ってやつなのか?

そういえば、、、あの日、天使を見たのも偶然だ、、。

天使はちょうどホームランをかっとばしてな、
羽をなびかせ走ってた。
オーラはまるでキラキラな虹でよ、、
それを見ていたオレの魂が熱くなって、
天使のパワーが届いたんだろうな、、
あの一瞬が無かったら今、オレはここにいない、、
ってか、今までの人生は全部繋がってる、
どこかで1秒違ってたらアイツみたいに死んでたかもしれん、、、
今、オレが生きてるのは、、
オレにとっては1秒も間違ってなかったってことか。。。?



みんなはつながりが見えるおっさんに自己紹介を始めた。

ロック パピオ
「月から円盤に乗って来タッシー、楽器を創った神ダシ、ヒッヒ〜」

ブラック シープ ムーン
「オレ様はオカルトの国、イギリス、魔法使いのギタリストさ」


エンジェル サン
「ボクは野球としあわせで世界をつなぐ天使♪」


「あたしはにこやん、NicoyanLandの猫、ギターダイスキ〜♪」


パンダ リー パウエル
「どんどどどどーんと中国、ロックドラマーでパンダ外交員だよ〜ん」


「SAGA県ナンバーワン!Dr.フクロウですと」


ルポ メランコリコ
「オレはカナダ。しかし、世界中から集まったな、
差別がないって平和だよな」


「地球上にある全ては細胞みたいにつながっとるとね、ぜーんぶ、良いことも悪いこともホッホー、
戦争は地球にとってみれば癌細胞みたいなもんですとね」

「友だちになったら特別やで。猫も鳥も、種類なんて関係ないんや。
友達とは戦争なんてまっぴらやろ?
ケンカしながら仲良くやりゃええやんなぁ」

「NicoyanLandは戦争禁止なの、
にゃんでも、とことん話し合いするの。
ときどき身勝手なのがいるから、
わんこ防衛隊が見張ってるわ」


おや?昭和な鼻歌が聞こえてきたぞ。

「ららら〜ら〜ら〜〜ららら〜ららら〜」

「ワォ!見たことのない動物!」
「あのもじゃもじゃのデカイのはなんだ?」
「クマかアクマか珍獣か?」
「ぼくちゃんはぁ〜〜クマとライオンのぉ〜
ハイブリッドでマルチプレイヤーの
あおちゃんだよーん!」

「ヒエェ〜〜コワそうでカワイイッシー!」
「珍獣マルチプレイヤー!凄すぎる!!」
「音楽のーことなーらーぼくちゃーんにーまかーせろー!」
「いえ〜い♪ じゃぁみんなでバンドだー♪」
「うぇ〜い♪」
にこやんのひとことでロックバンドが出来たぞ


そうだ、オレはバンドが好きだったんだ、、
なんだかワクワクして来たぞ、、
いや、まてよ、バンドってモメるし、めんどくせぇし、、
でもまぁ、今のオレにはそれもアリだな、
嫌ならやめるだけさ。

あれ?オレもいつの間にか前向きになってるじゃねぇか、。
ノリがうつっちまったな。


「好きこそ〜〜もののぉ〜〜上手ぅ〜な〜れーー、
だからぁ〜ぼくちゃんはぁ〜いろんなぁ〜楽器が〜〜
弾けるーのーさーぁー、よろぺこ!」


「楽器を創造したワシはエライ神ダッシーヒヒー!!」
「ハイウェイ スター弾けるオレ様、サイコー!!」
「曲もぉ〜作れーるぅ〜ぼくちゃーんーってぇ〜、天才〜なのかもーーしれーないなぁ〜」


「なんだかRock Tシャツにピッタリなキャラやな、トリノスギャラリーのタカオに似顔絵、頼みに行こうで〜、おっと、出かける前に変身や♪」
「おっさん、、いきなりええかっこしかよ」
「こりゃ大勢だ、、魔法のボロジュータン、大丈夫か?」
「僕の羽もありますから!」
「いえ~~ぃ♪れっつご〜〜♪」


「平和の使者ダッシー!」
「そういえば、『嵐の使者』ってレコード、カナダで良く聞いたなぁ」
「それはオレ様の魔法で作った」
「ええええええーーーー!!!」



「トリノスギャラリー到着〜♪」

「おやおや、キャラのこい~方ばかり、どうしました?」
「Rock Tシャツ作りにきた♪」
「世界をつなぐ、友だちの輪作戦です!!」
「DEATH!!」
「やめろよ、そのジョーク!」


「いろいろ繋がってここに辿り着いたんだね!
Tシャツだって人と物がご縁で繋がってみんなに届くもんね」
「日本じゃ「ご縁」ってよく言うよな、言い出しっぺはブッタだけど、イギリスでもGOENでイケるかな」



結婚もご縁だろうけど、オレの親にも毒親じいさんとばあさんがいてな、夫婦で、親子でやり合って、オレはとばっちりさ。

恨みをはらしたつもりが恨みのタネまきしてるんだ、まるで不幸のリサイクルさ。
オレをいじめた奴らもそこに巻き込まれてたかもな。



愛も恨みも外にまくと増えるけど、
オレは愛のタネまきの仕方を知らないからさ、
不幸のサイクルを止めるためには勝手にやってくる運命に我慢して、
地獄だって言い続け、死んだようになって、、、
で、逃げた。

まさかクズだった俺がバンドを演ることになるなんて、、
未来は絶望だって、勝手に決めつけてたよ、、。

ロックバラードでも演りてぇな。
オレの魂は今までの経験や思いの塊だろ、
どんな音を出すのかな、、
もしも、その音にすげぇ!!ってなったら、、
タダでは転ばねぇどころか、
おかげさまか?

心の傷はまだまだ痛むけどよ、
ふり返るといろんなことに気づくもんだな、。

「みんな、ありがとな!」

「なんかさぁ、ルーはイヤな運命も全部つなげて来たからここにいるのよね。
辛かったことは悲しすぎるけど、ルーはここの誰よりも痛みを知ってるし、愛も思い出したし♪」

「そうだな、オマエはずっと前向きだな。
言われてみると、オレにとっては全部重要だったのかもな、。
もしオレが違う過去を生きてたら、オマエとも会えなかったかもしれねぇしな」


そういえばここに来てから「地獄だ!」って言ってないよな、、
だからか?いつの間にかオレの中から地獄沼が消えてる、、!
なるほどなぁ、、さすが、言葉は神だ。

「よーし、さっそく練習だな、曲ができたら俺たちのMVも作ってみんなに聞いてもらおうぜ!」

「イラストはぼくにまかせて!」


「わーい♪ところで、みんなの夢はなぁに?」
「死ぬまでギタリストダッシーヒヒ〜♪」
「世界一の大リーガー!」
「オレ様は愛する嫁さんとしあわせなバンド演奏だ」
「わてのブランドで世界進出やな♪」
「パンダ外交でみんなを笑顔にするよ〜〜ん」
「AIのドクターと仕事をするばい」


「ぼくちゃーんーはぁ〜歌とぉ〜楽器でぇ〜
吠えまーくーるぅ〜ヨロ〜ペ〜コ!」

「世界中の子どもたちに絵本を描くよ!」

「オレの夢はフルオーケストラでロック、
大勢の仲間とでっかいホールでな!」

「NicoyanLandは ロックで世界をつなぐ 友達の輪作戦〜 ♪」

みんな、ありがとう、これからもよろしくな!

MVへ続く

只今、製作中♪


はみがきのうた、レッツブラッシングに登場してるよ♪

https://youtu.be/818ELeAsSro



「好きを忘れたオオカミ」
〜勝手にやってくる運命の扱い方〜

ストーリー、文字グラフィック、編集 
岩下千絵 (Night Hawkws)

キャラクターデザイン
中川貴雄

背景パターンデザイン
TURBO

にこやんたちがバンドを組んだよ!

これからもよろしくね♪