カテゴリー
絵本「にこやんと友達」

にこやんと友達

  ☆ Love x Friends ☆

あたしは三毛猫。さび柄のにこやんとは姉妹、ギタリストに拾われて15年、あたしたち、ロックを聞いて育ったの。
にこやんは寝言が多くてね、
ある日、お昼寝中のにこやんの夢をのぞいてみたんだ。

「かっこいいギターでしょ♪」

あたしたちをひろったギタリストとおんなじギターだね。

「さっき、すてきな曲が浮かんだんだ、ぎゅい~ん!」

そこへ背の高いひょろっとした青い目のオオカミがやってきた、
楽器とカバンを持ってるけど、、

「お、なかなかいいじゃねーか!」


「sick!」って病気って意味だけど、彼にとっては「いいね!」って意味なのね。

「俺は旅人、ルポ メランコリコ、通称ルー、ヨロシク!ベースは旅のおともさ、」

「ぶんぶんぶん〜〜」

「ルーさんはどこから来たの?」

にこやんは質問好きのねこ、好奇心がいっぱい〜。

「カナダ。日本にてつがくしにきた」

カナダから日本へ、てつがくしにきたってどういうことでしょう。。

「てつがくって?」

にこやんは「てつがく」なんて言葉、はじめて聞きました。。。

「オレの「生きざま」を探して旅してるんだ」

夢とか目標とか、じぶんがわかんなくなっちゃう時ってあるもんね、、

「ふーん、なんでそんなこと考えたいの?」

「つてがく」とか「生きざま」とか、ややこしいこと考えてるルーさんに興味しんしんのにこやん、質問開始です。

「兄弟とはけんかばっかり、父さんと母さんは病気であっというまに死んじまって、」

ルーさんは故郷、カナダで辛いことが多すぎたんだね、、、。

「仕事はあきたし、で、オレはうつ病になっちまってよ、、」

人生いろいろね、、
で、生きるのに疲れっちゃったルーさんはうつ病に、、。

「ヤーヤー、君たち、何してんの?バンド?」

そこへ、よっぱらいギタリストがやってきた。

「ロック パピオ?白黒ギターかっこいい~~!!」

誰かに似てる、、、?

「オレはギターがダーイスキー、どこでもプレイ〜、シアワセ、
イッヒ リーベ ディッヒーー♪」

青いジーンズに白黒ギターでこのポーズ、、、

「よっぱらっいめ、顔が赤いゾ、、」

ロックパピオくん、バイトしながらマイケルシェンカーのコピーバンドかぁ〜
「どっちが本物か判らないだろっ」って、すんごい勘違いさん。しあわせそう〜♪

「しかし好きに生きてるんだな〜」

ルーさん、二人に出会って
「好き」って気持ちを思い出したみたい。

「にこやん、オレたちもがんばろうぜ!」

元気もでたようね!

「おい、見ろよ、虹だ!」

まるで応援の虹みたい、、
「偶然」ってよくあるけど、タイミングがいいと不思議な感じよね。
にこやんはのんきに「いえ〜〜ぃ!」だって。

「あれ?なに、あのとんがり帽の黒い影は、、」

あら、まるでごじげんからやってきたみたい。。。
この世界は「見える世界が全てではない」って、「ムー」に書いてあったけど、そんな感じ! 

「ヘイ、ユーたち、オレはブラックシープムーン」

これ、この衣装、古いロック雑誌でみたような、、で、この黒い羊さんは、、、

「魔法使いのギタリストさ!」

なんとラブリーな!

「このストラトから火を噴かせるぞ!」

魔法を見せてくれるらしいわ!
魔法、、ほんとにあると思う??
まぁ、人生は不思議なことだらけだし、
彼はごじげんから来たのかもしれないし、、、
それにしても、ギターから火が吹くって、、

「BURR~~~~N!!!」

、、、これって、、魔法??

「ワォーー!すげーーマジシャン!!」

なーんだ、やっぱり手品ね!

「違う!魔法だっ!」

えぇ〜〜っ??
ウソかホントかって、凄いマジシャンほどわからないもんね、
で、世の中には悲しいかな、嘘つきがいるし、
ほんとやっかい。
もしも騙されちゃったら、、、
次からは気をつける!
そう考えると悪い経験からも学べるね。

とりあえずみんなは手品って思ってるわ。

「どーん、どーん、どんどどどんどん!
オイラのドラムが入ったらもっともりあがるよ〜〜ん」


Over the rainbowのメロディーでドラムが聞こえてきたよ。

おっ!いいね、いいね!チョッキが似合うわね!

「オイラはパンダ リー パウエル、ヌンチャクは下手だけどドラムは向いてたよん〜♪」

こんなに太ってたら、ヌンチャクがはねかえっちゃうわ!

「確かに君の一発はハートに響くぜ」

音と一緒に思いが届いたってことねっ!

「オイラは笹より肉まんと餃子でパワーをつけたよん。」

あ、、そうかぁ、、

「ちょっと腹につきすぎかもな、」

ルーさんったら、ついホントのこと言っちゃったけど、口はわざわいのもとよ〜〜

「かっき〜〜ん」

ポコッ!「イテェ〜ナンダーー!?ボール飛んでキタッヒーー!!」

あらら、たいへん!!
こういう不運ってとつぜんやってくるわ!

「あ、パピオさん、赤い顔に真っ赤なたんこぶ!」

たんこぶってみるみるおおきくなるーー、、

「ぼくのホームランボール当たっちゃったんだね、ごめんなさい、、」

え、、、天使のしわざ、、、?

「ぼくはエンジェル サン、野球マンの天使です」

なんてすてきな天使♪
オーラがちがう〜って感じ!
見えないのに不思議よね、「感じる」って。

「あぁ、君か!君はいつもみんなを笑顔にするよな、さすが天使!」

有名人なのね、どうりでオーラがちがうわけだ、。

「今日は運が悪かったなぁ、、」

もしもタイミングがちょっと違ってたらボールは当たらなかった、、だけどおかげで天使に会えた!
人生が変わる時ってほんと一瞬!
タイミング?運命?ご縁?これも不思議!

「早くパピオさんを病院へ連れて行かなきゃ。」

病院選びは慎重に〜〜!

「よし、今、魔法のジュータン呼ぶぜ!」

いやいや、それ、マジシャンには無理でしょ、、

「木にひっかかるなよ、、」

え、、魔法のジュータンが木にひっかかる、、、??

「わおぉーーっ!魔法、ホンモノダーーッ!」

なんと黒い羊さんは本物の魔法使いだった!
疑ってごめんなさい〜〜〜!

つづきはただいま制作中〜〜♪

ストーリー、文字グラフィック、編集 : 
岩下千絵 (Night Hawkws)

キャラクターデザイン:
中川貴雄

背景パターンデザイン
TURBO

にこやんたちがバンドを組んだよ!

これからもよろしくね♪