カテゴリー
絵本「にこやんの夢」

にこやんの夢

  ☆ LOVE x PEACE x DREAM ☆

あたしは三毛猫。さび柄のにこやんとは姉妹、ギタリストに拾われて15年、あたしたち、ロックを聞いて育ったの。
にこやんは寝言が多くてね、
ある日、お昼寝中のにこやんの夢をのぞいてみたんだ。

「かっこいいギターでしょ♪」

あたしたちをひろったギタリストとおんなじギターだね。

「さっき、すてきな曲が浮かんだんだ、ぎゅい~ん!」

そこへ背の高いひょろっとした青い目のオオカミがやってきた、
楽器とカバンを持ってるけど、、

「お、なかなかいいじゃねーか!」


「sick!」って病気って意味だけど、彼にとっては「いいね!」って意味なのね。

「俺は旅人、ルポ メランコリコ、通称ルー、ヨロシク!ベースは旅のおともさ、」

「ぶんぶんぶん〜〜」

「ルーさんはどこから来たの?」

にこやんは質問好きのねこ、好奇心がいっぱい〜。

「カナダ。日本にてつがくしにきた」

カナダから日本へ、てつがくしにきたってどういうことでしょう。。

「てつがくって?」

にこやんは「てつがく」なんて言葉、はじめて聞きました。。。

「オレの「生きざま」を探して旅してるんだ」

夢とか目標とか、じぶんがわかんなくなっちゃう時ってあるもんね、、

「ふーん、なんでそんなこと考えたいの?」

「つてがく」とか「生きざま」とか、ややこしいこと考えてるルーさんに興味しんしんのにこやん、質問開始です。

「兄弟とはけんかばっかり、父さんと母さんは病気であっというまに死んじまって、」

ルーさんは故郷、カナダで辛いことが多すぎたんだね、、、。

「仕事はあきたし、で、オレはうつ病になっちまってよ、、」

人生いろいろね、、
で、生きるのに疲れっちゃったルーさんはうつ病に、、。

「ヤーヤー、君たち、何してんの?バンド?」

そこへ、よっぱらいギタリストがやってきた。

「ロック パピオ?白黒ギターかっこいい~~!!」

誰かに似てる、、、?

「オレはギターがダーイスキー、どこでもプレイ〜、シアワセ、
イッヒ リーベ ディッヒーー♪」

青いジーンズに白黒ギターでこのポーズ、、、

「よっぱらっいめ、顔が赤いゾ、、」

ロックパピオくん、バイトしながらマイケルシェンカーのコピーバンドかぁ〜
「どっちが本物か判らないだろっ」って、すんごい勘違いさん。しあわせそう〜♪

「しかし好きに生きてるんだな〜」

ルーさん、二人に出会って
「好き」って気持ちを思い出したみたい。

「にこやん、オレたちもがんばろうぜ!」

元気もでたようね!

「おい、見ろよ、虹だ!」

まるで応援の虹みたい、、
「偶然」ってよくあるけど、タイミングがいいと不思議な感じよね。
にこやんはのんきに「いえ〜〜ぃ!」だって。

「あれ?なに、あのとんがり帽の黒い影は、、」

あら、まるでごじげんからやってきたみたい。。。
この世界は「見える世界が全てではない」って、「ムー」に書いてあったけど、そんな感じ! 

「ヘイ、ユーたち、オレはブラックシープムーン」

これ、この衣装、古いロック雑誌でみたような、、で、この黒い羊さんは、、、

「魔法使いのギタリストさ!」

なんとラブリーな!

「このストラトから火を噴かせるぞ!」

魔法を見せてくれるらしいわ!
魔法、、ほんとにあると思う??
まぁ、人生は不思議なことだらけだし、
彼はごじげんから来たのかもしれないし、、、
それにしても、ギターから火が吹くって、、

「BURR~~~~N!!!」

、、、これって、、魔法??

「ワォーー!すげーーマジシャン!!」

なーんだ、やっぱり手品ね!

「違う!魔法だっ!」

えぇ〜〜っ??
ウソかホントかって、凄いマジシャンほどわからないもんね、
で、世の中には悲しいかな、嘘つきがいるし、
ほんとやっかい。
もしも騙されちゃったら、、、
次からは気をつける!
そう考えると悪い経験からも学べるね。

とりあえずみんなは手品って思ってるわ。

「どーん、どーん、どんどどどんどん!
オイラのドラムが入ったらもっともりあがるよ〜〜ん」


Over the rainbowのメロディーでドラムが聞こえてきたよ。

おっ!いいね、いいね!チョッキが似合うわね!

「オイラはパンダ リー パウエル、ヌンチャクは下手だけどドラムは向いてたよん〜♪」

こんなに太ってたら、ヌンチャクがはねかえっちゃうわ!

「確かに君の一発はハートに響くぜ」

音と一緒に思いが届いたってことねっ!

「オイラは笹より肉まんと餃子でパワーをつけたよん。」

あ、、そうかぁ、、

「ちょっと腹につきすぎかもな、」

ルーさんったら、ついホントのこと言っちゃったけど、口はわざわいのもとよ〜〜

「かっき〜〜ん」

ポコッ!「イテェ〜ナンダーー!?ボール飛んでキタッヒーー!!」

あらら、たいへん!!
こういう不運ってとつぜんやってくるわ!

「あ、パピオさん、赤い顔に真っ赤なたんこぶ!」

たんこぶってみるみるおおきくなるーー、、

「ぼくのホームランボール当たっちゃったんだね、ごめんなさい、、」

え、、、天使のしわざ、、、?

「ぼくはエンジェル サン、野球マンの天使です」

なんてすてきな天使♪
オーラがちがう〜って感じ!
見えないのに不思議よね、「感じる」って。

「あぁ、君か!君はいつもみんなを笑顔にするよな、さすが天使!」

有名人かぁ、どうりでオーラがちがうわけだ、。

「今日は運が悪かったなぁ、、」

もしもタイミングがちょっと違ってたらボールは当たらなかった、、だけどおかげで天使に会えた!
人生が変わる時ってほんと一瞬!
タイミング?運命?ご縁?これも不思議!

「早くパピオさんを病院へ連れて行かなきゃ。」

病院選びは慎重に〜〜!

「よし、今、魔法のジュータン呼ぶぜ!」

いやいや、それ、マジシャンには無理でしょ、、

「木にひっかかるなよ、、」

え、、魔法のジュータンが木にひっかかる、、、??

「わおぉーーっ!魔法、ホンモノダーーッ!」

なんと黒い羊さんは本物の魔法使いだった!
疑ってごめんなさい〜〜〜!

つづきはただいま制作中〜〜♪

ストーリー、文字グラフィック、編集 : 
岩下千絵 (Night Hawkws)

キャラクターデザイン:
中川貴雄

背景パターンデザイン:
TURBO

〜 後半ストーリー 〜

SAGA病院到着〜

「ホゥホーッ〜〜SAGA県にようこそ、
おやおや、スゴイたんこぶですとね、Dr.フクロウ病院には効果抜群の薬草がいろいろあると、ご安心を!」

先生の言葉だけでホ〜ッとしたわ、
言葉の暗示でお薬の効き目が変わるって実験もあるけど、ほんとそうね!

「この先生、最高やで〜、良い先生に出会えるかは運や、一生の宝やで!あんたらラッキーや!
わてはカメレオンターボ、パターンデザイナーで変幻自在やー」

わぉ!へんなおじさんっ!デザイナーなの?!で、大阪弁♪
継ぎ目がなくって不思議なデザイン〜キレイで無限な感じ!


そしてみんなの自己紹介のはじまりはじまり〜

「オレはドイツから来タサー、たんこぶ痛いがみんな、やさしいっサー」
「オレはオカルトの国、イギリス、魔法使いだ」
「僕はアメリカと日本を繋いだ天使」
「あたしは東京の大田区よ、ギターダイスキ〜♪」
「どんどどどんどーんと中国、ドラム好きのパンダ外交マンだよん」
「SAGA県ナンバーワンDr.フクロウですと」
「オレはカナダ。しかし、世界中からSAGA県に集まったな〜~平和はいいなぁ」
「わてがつくっとるパターンみたいに、 仲良くなったら違う国も民族もキレイにつながるもんやで」

そうそう、「友だち」になったら「特別」になるし、戦争なんて考えられない、 ある意味、「友達」って最強よ!

あら、港から大きな音が聞こえてきたわ。 

「ぴろぴろぴろぴろたりたりたりたり〜〜〜」
フェリーの上で演奏してるっ! 爆音〜〜!だけど素敵な曲♪

「NicoyanLandハーバーに到着〜〜ぴろぴろ〜〜」
「めっちゃかっこいい曲!!!ねぇ、一緒に弾かせてっ!」 「おやおや、いきなり挨拶もなくかい、まぁ、その情熱がいいね、やってみようかね」
ブラック「ところであんたの衣装、なかなか決まってるぜ!」 「私はケリードック サイモン 、サイモン島の音楽家です。今日は優雅に船上でやってましてね、じゃぁみなさん、さっそくセッションやりますかね」

そこへ大きな声で鼻歌を歌いながら見たことのない動物が、、

ブルー「おう!バンドか、オレはブルー ホークス、クマとライオンのハイブリッドだ、おかげでマルチプレイヤーだ」
Papio「ヒエェ〜〜ナマエは鳥なのにコワイダッシー!」
ブルー「人情には弱いのだ、オレの弱点だ、まぁ、イカしたギターもベースも歌でもなんでも任せろ」

にこやんのひとことがきっかけでロックバンドが出来ちゃった!
おもしろく生きるにはちょっと勇気が必要ね、 失敗したって発見はあるし、人生は挑戦だね♪

にこやん「ロックバンド!!わーーーぉ〜〜〜〜〜サイコーーーーー!!!!」

ブルー「オレはハイブリットだから特別な能力あったかもしんねーけどな、なにより「好き」って気持ちのパワーは最強だ、忘れるな」

Dr.「バンドのRock Tシャツほしいですと!言葉の魔法つきでね」
ターボ「いいね!ほな、和歌山県の絵描きのモンキータカオさんとこやな、わては変身するわ〜」
ブラック「おっさん、、いきなりインテリになるのかよ!」
エンジェル「ステキな魔法のじゅうたんでひとっとびですね、僕の羽もあるしね♪」
「いえ~~ぃ♪れっつご〜〜♪」
「ヒャッホーーーー!!」
ブラック「平和の使者だ」
ルー「そういえば、『嵐の使者』ってレコード、良く聞いたなぁ」
ブラック「それはオレがつくったんだ」
「ええええええーーーー!!!」
ケリー「そうでしたか、僕はイングヴェイ マルムスティーンファンですがアナタも好きですね」

和歌山県に到着〜!

「ピンポーン♪タカオさん、いますかぁ?」
「はいは~い、おやおや、キャラのこい~方ばかり、どうしました?」
にこやん「Rock Tシャツ作りにきた!」
サン「世界をつなぐ、友だちの輪作戦!デス!!」
パピオ「DEATH!!」
ブラック「やめろよ、そのジョーク!」
ケリー「LOVE〜〜〜アナタに〜〜ららら〜〜♪」
ルポ「あんた、歌もイケるな」

愉快なメンバーでいいアイディアね!

ルポ「しかし、おもしろいな、生まれも育ちも違う11人だ、 日本じゃ「ご縁」っていうんだよな、言い出しっぺはブッタだけどさ」

そうね、Tシャツだって木綿のタネをまいてから収穫し生地にしてデザインして商品を運送〜みんなに届いて、、
現実もインターネットも繋がりがこの世の仕組み、想像するとおもしろいよ♪

先生「地球を一人の人間に例えますと、地球上にある全ては身体の中でつながった細胞みたいなもんですと」

ほんとそんな感じ!悪い細胞が地球を壊したり、良い細胞は元気を作る〜

ルー「自分とまわりをどんなふうに愛するかが『生きざま』だな」

にこやん「ルーさん、『生きざま』ってそういうことかぁ!
「友達」と「好き」は最強だねっ♪」

タカオ「Love & Friends ! みんなの似顔絵まかせて!」
にこやん「わーい♪ところで、みなさんの夢はなぁに?」
パピオ​「死ぬまでギタリストダッシー♪」
サン「世界一の大リーガー!」
ブラック「オレは嫁さんとバンドの復活だな、」
ターボ「みんなに愛されるパターンブランドつくるんや♪」
ケリー「 やりたいことしかやらないぜ!」
パンダ「パンダ外交で世界を笑顔にするよん」
ルー「フルオーケストラでロックだ!」
タカオ「世界中の子どもたちに絵本を描くよ!」
先生「AIのドクターと仕事をするばい」
ブルー「歌と楽器で吠えまくるガオー!」
にこやん「 友達の輪作戦♪ぎゅい〜〜〜〜んっ!!」

おっと、にこやんが目を覚ましたわ。
現実もLove & Friends
地球へ、宇宙へ、ひろがれ~♪

〜end〜


にこやんたちがバンドを組んだよ!

これからもよろしくね♪